【NURO光】穴あけビス留めなしで引越し成功!引越し特典キャンペーン適用で簡単手続き & 工事費の料金が無料だった!




 

 

今使っているインターネットサービスプロバイダーを引越し先で継続して使いたくても、賃貸の物件では場合によっては使えない場合がある。

例えば、

  • 管理会社から回線業者やプロバイダーが指定されている場合
  • 回線工事で物件に穴開けやビス留めが禁止されている場合

 

僕も最近引っ越したばかりの1人。

引っ越す際に、管理会社からインターネットはフレッツ光と指定される。

NURO光を継続して使用したいと相談すると、「別の回線を使うなら穴あけとビス留めは一切禁止。それが可能ならば許可する。」との事。

この記事では、回線を指定され穴開けビス留め無しの条件を出されながらも、NURO光を気合いで開通させた方法を紹介します。

実際に引越しキャンペーン(利用者向け移転特典)を適用してみて、手続きも簡単で凄くお得な事が判明。

違約金が発生せずに解約 → 再契約をして移転先での回線工事や事務手数料が無料に。

NURO光を引越し先でも継続使用する際の注意点も解説。

 

 

引越し先物件の本契約時に出された条件

 

とある事情から急な引越しが決まる。

(話すと長くなるので、細かい身の上話は省略)

光の速さで物件を漁りまくり、ささっと物件を決める。

電話や事前の審査に無事合格し、全ての必要書類を持ち賃貸の本契約をしに管理会社へ。

 

様々な書類の説明を受けサインを繰り返していく。

設備関連の契約書の項目に、インターネット設備についての説明があり僕は驚愕する。

 

インターネット回線について:

インターネット回線はフレッツ光マンションタイプ指定となっております。入居者各自がプロバイダーを選び契約して下さい。

・・・(´・ω・`)!!?

「回線業者が指定されている・・だと!?・・・この居住区のインターネットに自由は無いのかっ・・!?」と、心の中で叫び頭が真っ白で気を失いそうになるが、何とか踏み止まったのだった。

 

賃貸物件は、穴あけやビス留めが出来ない場合がある

管理会社の規則が厳しい賃貸では、回線工事の際に業者が建物の壁などに穴を開けたり、配線などのビス留めを禁止している場合がある。

後から入居してくる人が無限に回線工事を繰り返し、建物や設備が劣化するのを防ぐ為だ。

ではどうやって回線工事をしてインターネットを使用するのか?

これは予め賃貸物件が建てられた際やどこかのタイミングで、特定の回線業者と契約して加入しているパターン。

必然的に全ての部屋が同じ回線業者を使う構図となる。

そして、基本的には各部屋に入居する入居者がプロバイダーのみを選択出来る。

(物件によっては、プロバイダーでさえも指定された中から選ばなくてはならない場合もある)

 

 

プロバイダが指定されていても相談してみる

 

相談するだけなら無料タダだ。

僕はここで必死の抵抗を見せ、管理会社の担当に猛抗議する。

僕:「どうしても今使用している回線をそのまま引越し先の物件でも使用したいのですが、何とかなりませんか!?」

担当者:「そうですね~、原則として穴あけやビス留めは禁止しているので、回線工事の際にそれらの行為が発生しない場合のみ例外とします。」

KI☆TA☆KO☆RE!!(僕の心の声)

こうして1つの突破口が見つかり、僕はここに全力をかける事になる。

 

 

ご利用者向け移転特典がお得過ぎる!

 

早速NURO光の引越し手順を調べようとネット検索すると、かつてない程お得な引越し特典が公式ページに掲載されていた!!

 

 

なん・・・だと・・!?

( ゚д゚)…

違約金、工事費残債、事務契約手数料0円キャンペーン!!

 

利用者向け移行特典は以下の5つ。

 

利用者向け移転特典
  1. 本来発生する違約金と工事費残債が無料
  2. 引越し先での回線工事費と事務手数料が無料
  3. 自宅訪問や遠隔操作により、設定をサポートするサービスが1回限り無料
  4. 旧住所で回線開通時に得たSo-netのメールアドレスを継続使用可能
  5. 回線工事前や工事中でも、特別価格でWi-Fiレンタルが可能

 

※ こちらの移転特典は僕がこの記事を投稿した時点でのキャンペーン内容です。各特典やキャンペーン内容は告知無く変更、又は終了する事があるのでご注意下さい。

 

各特典を詳しく説明すると・・・

 

特典1:違約金と工事費残債が無料

NURO光の移転に伴い、手続きの都合上1度解約し再契約する流れに自動的になる。

NURO光の規約では、契約月以外の月に解約すると通常違約金9,500円が発生するが、これが無料となる。

そして旧住所での工事費(40,000円)の残債も残っている場合は、通常であれば解約時に請求されるがこれも無料になる。

 

特典2:移転先での回線工事費と事務手数料が無料

この移転特典を適用した場合は、新しい住所(引越し先)で再度回線を工事する工事費と、それに伴う事務手数料が無料になる。

 

特典3:サポート設定サービスが1度だけ無料で受けれる

専門スタッフによる設定サポートが通常9,800円のところ、1回限り無料で受けれる。

自宅訪問と遠隔操作でのサポートどちらか選べる。

 

特典4:So-netのメールアドレスを継続使用可能

NURO光開通時に割り当てたれたSo-netのメールアドレスの使用権をそのまま維持出来る。

今時プロバイダーから貰えるメールアドレスをメインに使用する人もあまり居ないと思うので、これに関してはあまり特典としてはお得感はない。

がっ!他にフリーメールアドレスなどを持っておらず使用している人には有難いかも知れない。

 

特典5:特別価格でWi-Fiレンタルが可能

回線工事前や回線工事中、引越す為に光端末を返却してしまうとインターネット接続がない状態が続く。

そんな中でも快適にインターネットを楽しみたい、Wi-Fi環境が欲しいといった場合には、Wi-Fiレンタルを通常よりも割り引いた価格で提供してもらえる。

例えば、通常1ヶ月のWi-Fiレンタルが6,480円 → 3,980円となる。

急に必要になった場合は翌日発送も対応してもらえて、1日単位でのレンタルやいくつかプランがある。

返却もコンビニからや宅配でもOK。

 

 

NURO光を引越し先でも継続して使う手順

 

大まかな手順は以下の通り。

NURO光回線の引越し手順(継続利用の場合)
  1. NURO光(So-net)に電話、引越しキャンペーンを適用する
  2. 指定された宅配業者にONUを一式回収してもらう
  3. 屋内工事
  4. 屋外工事1段階目
  5. 屋外工事2段階目

 

全ての人がこちらと同じ流れになるとは限らないが、僕が体験した手順はこのような感じ。

(地域やタイミング、プランによって違うかも知れないのでご了承下さい)

 

 

 

NURO光に電話

まずは、”ご利用者向け移転特典ページ” にアクセス。

https://www.nuro.jp/hikari/campaign/moving/

引越し・コース変更ダイヤルに電話する。

コース変更ではなく引越しの手続きなので、引越しして継続利用の希望を伝えよう。

契約名や住所確認、移転先の新しい住所を申請する。

尚、NURO光の引越し&継続使用は手続きの都合上、契約を1度解約し再契約する手続きになる。

この時に、回線工事をする際は建物への穴あけやビス留めが管理会社から禁止されている、と必ず伝えよう。

 

僕が電話で相談した時は、

「出来る限りご希望にお応え出来るよう回線工事業者に伝えておきますが、お客様ご自信でも直接ご相談下さい。

また、再契約頂けないと解約となるので、その際は違約金や残債のご請求をさせて頂きます。」

と言われた。

つまりは結構な博打である。

ε- (´ー`*) 

 

ONU(光端末)を返却

NURO光の引越しダイヤルに電話をする際に、今まで使用していたONU(光端末)一式を指定した宅配業者に渡すように言われる。

僕は部屋にあった適当なダンボールに一式入れて、宅配業者に手渡した。

 

屋内工事

宅配業者にONUを回収してもらった次の日にNURO光からメッセージが届く。

送られてきたURLを開くと、日程調整用ページへと飛べるので希望日を入力していく。

 

 

基本的には、このように宅内工事と屋外工事の希望日を選択し、確定するとNURO光から連絡が来るシステム。

画像を見てもらうと、繁忙期に急な引越しが決まった為工事の予約が全く取れず宅内工事から屋外工事まで1ヶ月かかっている事が分かる・・・。

∑─(´・ω・`)→

 

宅内工事の数日前に、当日作業する業者のお兄さんから確認の電話。

「回線工事に出されている条件を伺っております。物件の情報を調べたのですが、たぶん穴あけとビス留めなしで工事出来る建物だと思いますよ。」

おっ!!・・・きたかっ!?これはいけるのでは!?と期待に胸が膨らむ。

 

そして宅内工事当日。ここで僕の運命が決まる!!!

電話でも散々宜しくお願いしたのだが、ここで土下座をする勢いのお願いで攻める。

回線工事をしてもらうお兄さんに部屋を色々と調べてもらう。

10分程調べてもらった結果、希望通り穴あけビス留めなしで回線を通せる事になった!!

 

因みにこの宅内工事をしてもらう際に、回線業者が新たなONU(光端末)を持ってきてくれる。

最新の端末に新しくなるのは、いつ体験しても気持ちが良いものだ。(笑)

接続などに不安がある人は、ここで業者にお願いをすると接続 & 設置をしていってくれるのでお願いしてみよう。

 

屋外工事1段階目

条件がクリア出来たら、もうここから先はグリコのおまけみたいなものである。

NURO光を含む全ての独自回線はNTT回線の一部を借りてサービスを提供している為、まずはNTTの回線業者にNURO光開通の準備をしてもらう。

オートロック付きの集合住宅に僕は住んでいるので、インターホンが鳴ったら電話に出て開錠ボタンを押すだけ。

立会いの必要はない。

 

屋外工事2段階目

今度はNURO光の回線業者が切り替える工事に来る。

これも屋外工事1段階目同様、ただマンション内に入ってもらうだけで完了。

あとは配線が管理されているパネルに勝手にアクセスして、開通作業までしてくれる。

 

 

引越し、継続使用する際の注意点

 

違約金が発生する可能性

新しい場所での工事が出来ないとなると、必然的に解約して他の回線と契約する必要がある。

NURO光を解約出来る期間外での解約は違約金が発生する。

また、工事費の残債がある場合も請求される事になる。

今回の僕の引越しのように確信が無い中での引越し手続きは、ある意味賭けだ。

新しい物件での工事が可能かどうか、物件を直接見るのは勿論、事前に管理会社に確認しておくと失敗がない。

 

光コンセント(光回線の差込口)の場所を確認する 

回線工事業者はかなりバラつきがあるので、こちらが監督して指示するぐらいの気持ちで対応する方が間違いなく良い。

実は僕は前に住んでいた物件で1度失敗をしている。

と言うのも、壁から光コンセントの差込口が出てる部屋が2部屋あったのに、1部屋だけしか工事してもらえなかった。

僕は回線工事をする業者はどの業者でも全ての部屋を調べて、全ての光コンセントへと線を通してもらえるものだとばかり勝手に思っていたのである。

たが現実は違った・・・!

家具に隠れて見えなくなっている場所や、部屋の分かり難い場所にあるパネルは業者も見落としがち。

はやり業者も依頼されてくるだけの作業員なので、こちらで指示してあげる事でお互いのすれ違いを無くした方がお互いに気持ち良い。

結局使用した場所も1箇所だったし生活には全く支障は無かったが、回線工事をお願いする際にちゃんと説明しておくべきだったと反省。

そんな反省を活かし、今回の引越し先でも1部屋の1箇所からしか有線接続をしない予定だったが、将来的に必要になるかも知れないので念のため事前に光コンセントの場所を確認。

 

 

全てのコンセントに壁裏からNURO光の配線を通してもらった。

どの部屋から光回線を繋げてONU(光端末)を設置したりルーターを設置するかは、家具のレイアウトを変更したら共に変更する必要があるかも知れない。

だからこそ、回線が引けるポイントが多い事に越した事はないのである。

 

 

引越しの暇な時期 & 忙しい時期

 

引越しが忙しいシーズンは回線工事が多くなり、必然的にプロバイダー側の回線業者の予定も詰まる事に。

引越しとネットの引越しが基本的にセットになるので、季節による引越しへの影響を理解する事でインターネット開通までの期間に雲泥の差が出る。

プロバイダーや契約コースにも寄るが、例えば暇なシーズンなら1~2週間で住んだ工事も、忙しいシーズンに頼むと1ヶ月以上必要な場合もある。

 

3月~5月 絶対にこのシーズンに回線引越しはするな!

3月、4月、5月は年間を通して最も引越し以来が集中する季節。

このタイミングで引越しをすると、引越業者にお願いする引越し料金も高くなるし、何よりインターネット回線の工事がどんどん遅れる。

今回僕は初めてこの忙しいシーズンにNURO光の移転 + 新住所での回線工事をお願いした訳だが、こんなに開通まで時間を取られたのは初めてだ。

トータルで、申し込んでから1ヶ月ちょっとかかった。

 

9月~10月 異動が多い季節

学生はあまり意識しないかも知れないが、社会人になり企業に勤め始めると企業の半期が9月から10月にあたる事が多く、人事異動もこの季節に重なる。

それに伴い、実はこの時期も引越しが比較的多くなる。

春程ではないにしろ可能であれば避けたい季節。

 

季節別引越しおすすめ度はこうだ。

  • 3月~5月=×
  • 6月~8月=◎
  • 9月~10月=△
  • 11月~12月=〇
  • 1月~2月=〇

※ただし、お盆や年末年始は除く。

お盆や年末年始は、一部のサービス業を除き比較的しっかりと休みを取る企業が大半である。

故に狙うべきは、はやり6月~7月がベスト。

その次に11月、2月あたりが丁度良い。

 

 

まとめ

 

さて、ここまでざっくりと解説してきましたが、大事なのはこの2つ。

  • 引越しのシーズン
  • 引越しに伴う回線工事やキャンペーンの内容

 

現状の契約を継続する場合には、引越し=インターネット回線の引越しも必ず伴う。

引越しシーズンを見極める事で引越し自体の費用を抑え、物件にしても回線にしても自分の希望日程でスムーズに引越し易くなる事が1つ目。

それぞれのプロバイダーなどで実施しているキャンペーンを事前に調べておく事で、お得に引越しを出来るようにする事が2つ目。

電話1本で、引越し手続き自体は簡単でも、引越し繁忙期を避けないと僕のように1ヵ月間パソコンでインターネットなし生活が待っています。

どうしてもインターネット接続が必要な場合は瞬間的でOKならスマホのテザリングを使い、ある程度の期間が必要ならば移転特典の、Wi-Fiレンタル割引を使用しよう。

 

 

NURO光の回線速度が実際にはどれぐらい出るのか。

自分の使用環境で試した結果はこちら。

Radish Network Speed testing

NURO光の回線速度を計測してみた。(集合住宅)

2017-09-22

 

 







ABOUTこの記事をかいた人

名も無き鹿

性別:男 出没エリア:埼玉、東京周辺 職業:ハイジュエリー制作業をメインに、営業、接客、デザイン、販売を兼任。制作内容は修理、メンテナンス、リフォーム、追加加工、職人が手で出来る加工は何でもやっています。 詳細は運営者情報をご覧下さい。